視力回復、視力アップ、スマホ老眼対策、緑内障に超音波治療器「オクルスファイン」

視力回復なら超音波治療器オクルスファイン > 超音波と視力回復

超音波と視力回復

超音波について

人間の耳で聞き取ることの出来る音域は20Hz~20kHzとされていて、これより高い周波数の音を超音波と言われていました。今では音の効果が様々に応用されて、「超音波とは、聞くことを目的としない音」と定義されています。

超音波技術はいまや私たちの実生活の様々なシーンで導入され、微細な超音波は人体への悪影響もないことから医療シーンでも幅広く測定や検査機器などに活用されており美容や健康機器としても普及しはじめています。

様々なシーンで活用される超音波技術

イルカが持つ特殊能力

pixta_23544193_m医者が超音波検査法で人間の体内を調べるように、イルカは超音波によって、人間の体内の様子を知ることができます。イルカは、健常者と、障害者を判別することができます。

例えば、右半身に障害を持った人が海に入れば、イルカは不自由な右側を支えようと右側に回り込みます。

また、大勢の人が海で溺れてて、その中に体の不自由な人がいたら、イルカは真っ先にその人を助けようとします。
1頭1頭のイルカにはそれぞれの目印となる固有の鳴き声(ホイッスル)を持っていて、それぞれのイルカがホイッスルで危険などの情報を送り捕食動物であるサメなどから身を守ったり、群れに指示を与えたりしていま
す。

医療現場で活躍する超音波

超音波は医療現場に幅広く応用されています。超音波は大きく分けると「動力」と「情報」の2つに分かれます。

動力的応用・・・超音波のエネルギーを直接に治療や器具の洗浄に利用する
超音波治療器、超音波メス、超音波による結石の除去、超音波歯石除去、医療用超音波洗浄機(器)など

情報的応用・・・生体内部における超音波の反射や透過の様子を調べ、その結果を疾患の診断などに利用する
胎児診断装置、超音波画像診断装置、超音波内視鏡など

現代人に必要なリラクゼーション

pixta_13811872_m現代人の疲れ・ストレスに「超音波リラクゼーション」で
新しいストレスケアをはじめませんか?

リラクゼーションとは、心身共にストレスから解放されたリラックスした状態へ誘導するための手段や方法のこと。

「ストレスが溜まっている」と感じる時は、疲労や緊張・心理的不安定が持続し、交感神経が活性化している状態です。
この状態が続くと、身体の不調や病気のリスクも高まってきます。

反対に「リラックスしている」と感じる時は、ストレスが中和され、身体内のバランスが整い、副交感神経が活性化している状態です。

このようにリラックス状態が続くことで、身体バランスや呼吸や血行が整い、筋肉が緩みホルモンバランスも安定させることが出来ます。

超音波リラクゼーションでストレスケア~

pixta_17429730_m超音波でコミュニケーションをとるイルカと一緒に泳ぐドルフィンヒーリングやクリスタルボウルを用いたセラピーなど周波数振動を用いた超音波リラクゼーションに今注目が集まっています。

「オクルスファイン」は人体にやさしい縦波振動の超音波が深層部までマイクロマッサージ作用を及ぼすことでココロとカラダを優しく癒します。

▲pagetop